DEVELOPMENT STORY

ninal商品写真

クリニック発ドクターズコスメ
メイクアップブランド
「ninal(ニナル)」の開発秘話

メイクは肌への負担があっても仕方がないという
ネガティブな定説を覆し、
女性に「可愛くポジティブ」な自信を与え、
安心してメイクを心から楽しめる製品を届けたい。
そんな想いが込められた”ninal(ニナル)”の
誕生秘話とは?

Profile 開発者プロフィール

商品企画課 課長中上奈南(20代/敏感肌)

(株)シーオーメディカル入社後、
アパレルをメインに化粧品・健康食品の商品企画を担当。
現在アパレルは卒業し、化粧品・健康食品を担当している。

高校生の時から化粧品開発者の夢を持ち、大学では化粧品を専攻する学部に進学し、
プラセンタエキスを使った研究を行っていたこともある。

「肌が弱い人でもメイクを楽しんでほしい」という強い想いが代表に通じ、
メイクアップブランド「ninal」を2021年8月末にローンチ。

商品企画課 中上奈南 (20代/敏感肌) 商品企画課 中上奈南 (20代/敏感肌)

#ninalのルーツ

ルースパウダー

私は、中高共にメイク禁止の学校でした。
メイクが出来るのは休みの日だけ。

そんな中、色付きリップが流行しました。
バレて没収される友人たちもいましたが(笑)

たった1本のリップクリームで
周りの友人たちは輝くように笑顔になり、
自分自身も1日がハッピーでたまらなくて。

そんな、たった1つで、こんなにも人を内面から輝かせ、
自信を与える化粧品ってなんて素晴らしいんだろう。

ここから私は化粧品の未知なる魅力に取りつかれました。
そんな中、突如、日光アレルギーになる友人。
毎日、毎日日焼け止めを塗りたくる姿。
教室の移動で少し外に出る時も塗りなおす姿。

その姿は、決して楽しそうでなく
塗ることに必死な姿でした。
化粧品って本来綺麗になるために使うのに。
人の魅力を内面からも引き出せるものなのに。

日々使う化粧品で、もしも肌ケア出来たなら。
使うことが楽しく、美しくなる自分が楽しみになれば。
そんな化粧品を創れたらいいのにな。
と日常の中から考えるようになりました。

このきっかけから、化粧品専攻のある大学へ進学し、
化粧品成分を使った研究を行ったりしていました。

接客業のアルバイトを大学4年間経験したこともあり、
商品が人へ届く時に、「想い」も一緒に伝えたい。
と日々の中で思うようになりました。

ただ使うものを届けるのではなく、
その商品に携わった人からの願いが届いてこそ、
内面からも魅力を引き出すことが出来る。

そんな想いから、より様々な人と関わる
「企画」として働くことを目指しました。

試験管

#ninalの誕生

実は、ブランド名の候補は当初10個以上もありました。
その中で、”○○○な私になる→「ニナル」”
読み上げた時、これだ!!と思いました。

私自身、肌荒れを気にしてメイクを
楽しめなかった経験から、
肌ケア出来るアイテムを使って安心してメイクを
とにかく楽しんでほしいという願いが全てでした。

その願いの根底にあるのは、
「なりたい私」を叶えて輝く姿を見たいからです。

Concept

なりたいわたしニナル
ケアしながら、うるおいながら、メイクする。

#「ケアしながら」

社会人になり、周りでも美容施術などで
お肌のメンテナンスをする人がとても身近になりました。

しかし、綺麗になるために行う美容施術なのに、
施術後にメイクすると肌荒れる気がするから。
とすっぴんで過ごす人がいました。

そんな勿体ない時間はあるでしょうか?
「綺麗でいたい。」と願ってメンテナンスしているのに、
人に見られたくないすっぴん姿で隠れながら過ごす1日。

メンテナンス後もメイクをして自信のある姿になり、
さらに肌ケア出来たらずっと綺麗な姿で居られるのに。
ここからが「ケアしながら」の始まりです。

肌のケア

#「うるおいながら」

水分

肌荒れをもたらす原因の1番は「乾燥」です。

肌荒れしやすい人の肌は、
肌表面のうるおいが足りず、刺激を受けやすい状態です。

肌本来が持つバリア機能が低下しているため、
お肌の水分量が下がり、肌荒れしやすくなります。

また、見落としがちな重要ポイントが「UV対策」です。
日焼けすると、お肌の皮が剥けたりしますよね?

紫外線はお肌のバリア機能にダメージを与えるため、
お肌に「乾燥」をもたらします。

お肌をケアすることだけでなく、
しっかりうるおいを与え、
肌荒れしにくい環境をつくることも大切です。

#「メイクする」

メイクって自分にしか気づかないポイントを
ちょっと変えるだけで、人を笑顔にし、
魅力を引き出しますよね。

その日の気分で使うアイテムを変えたり、
少し塗り方を変えてみたり。

私は、本来メイクは「心から楽しむもの」
だと思っています。
メイクが仕上がった姿をイメージしてわくわくしたり。

メイクを変えてドキドキしたり。
肌荒れなどネガティブなことは忘れて、
メイクを楽しむことに夢中になれるアイテム。
そんな願いから誕生しました。

メイク

#商品開発でのこだわり

ファンデーション・コンシーラー

「ケアしながら」を実現するように
成分も一つ一つこだわりました。

成分へのこだわりと同時に、
メイクとしての使用感・仕上がりは
絶対に妥協出来ないポイントでした。

開発当時、既に市場に繰り広げられていた
”お肌にやさしいメイク”は、お肌に優しくするあまり
メイクアップアイテムとしての機能が充分でない
ものが多く、物足りなさやメイクアップ機能に
対して諦めの声がありました。

お肌に悩みを抱えていてメイクで
負担をかけないためには、
メイク仕上がりも諦めなきゃいけないなんて、
「ninal」を使う人にはそんな想いは
してほしくなかったのです。

美容クリニックのスタッフさんにも
サンプルを試して頂いたりと約1年半の試行錯誤を経て、
納得のいくクオリティの処方が決定しました。

# “ninal”との出会いを
もっと届けたい

発売からまだ1年も経って居ませんが、
そんな中でもninalの商品と出会い

「もっと早く出会いたかった!!」
「肌荒れしなかったから他のアイテムも試したい!」
などたくさんのお客様から嬉しいお言葉を頂いております。

私自身、今まで季節の変わり目などはお肌が大荒れして、
泣く泣く過ごしていましたが、
ninalを使用するようになってお肌が
すごく安定するようになりました。

何よりも「肌荒れしてしまう。」と考えなくなったので
メイクタイムがもっと楽しくなりました。

ネガティブなことには気を取られず、
日々更新されていく「なりたい私」に向かって、
なりたい姿に近づく、叶える。

そんな願いが”ninal”には込められています。
”ninal”と共に可愛くポジティブなメイクタイムを
これからも是非ご堪能下さい。

ファンデーション・コンシーラー